FC2ブログ
プロフィール

夏セミ

Author:夏セミ
第23回 学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー
日時:2011年8月6日(土)~8日(月)
場所:筑波大学

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

日本プライマリ・ケア連合学会         学生・研修医部会
部会の活動内容、第23回 学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー運営のスタッフの活動を紹介していきます☆
夏期セミナーレター①【1日目案内】
申し込み終了まであと1日!!

*家庭医療学夏期セミナー:http://family-s.umin.ac.jp/kasemi/index.html
*申し込みはこちら:https://apollon.nta.co.jp/22familymed-jr/perl/jouhou.pl?&mode=top


ということで! ここから3回に分けて、
・夏期セミナーのご案内(初日、2日目、3日目)
・以前のセミナーに参加しての感想など

をお知らせいたします。


★家庭医療学夏期セミナーに参加しての感想

今回のセミナー総合司会を担当する東海大学4年生中村大輔さんよりの投稿です。

昨年友達に誘われ、家庭医のことなど何も知らず初めて夏期セミナーに参加しました。
まず思ったことは、家庭医はとにかく熱い!ってこと。
家庭医は体のことだけでなく、人のこころ、生活など幅広くみるため興味深い領域です。
熱いのはそれだけではありません。
参加される先生方や学生の心もとにかく熱い!
必ず得るものがあります。その熱さに影響され、私は今年スタッフとして参加します。
是非、夏期セミナーで共に学び、熱い仲間を作りましょう。
熱い気持ちになりましょう。


★家庭医療学夏期セミナー 初日8月7日の詳細

8月7日のスケジュールです。
初日には
①家庭医専門医より講演
②元WHO西太平洋事務局長より国際的立場から国政の立場から家庭医療についての講演
③家庭医療専門医認定式
などがあります。

8月7日(1日目)
12:00~13:00 受付
13:00~13:40 開会式
13:40~14:30 初日講演
14:40~15:30 特別講演
16:00~18:00 セッション①
19:00~20:00 夕食(ディナーセッション:研修医の生活)
21:00~1:00  懇親会 

~講演案内~
初日講演 (1日目) 
講師    吉本尚 先生 (奈義ファミリークリニック 副所長)
タイトル 「家庭医療という選択肢~日本で家庭医療専門医になった経験から」

特別講演 (1日目) 
講師    尾身茂教授  (自治医科大学 公衆衛生学部門教授)
タイトル 「家庭医学の大切さ~国際的視点から~」


~セッション詳細~

タイトル1,13 「おせっか医のお仕事 ~ 家庭医になりたい! ~」
講演者; 王子生協病院 内科・家庭医療科 菅野哲也 先生
      沖縄県立中部病院 総合診療科 本村和久先生
      奈良市立月ヶ瀬診療所 藤原靖士先生
      王子生協病院 田直子先生
      王子生協病院 泉水信一郎先生
      王子生協病院 神田美穂先生

内容;
おせっか医」とは、患者さんの病の語りをまず「聞き」、患者さんが語る「病歴」の裏に隠れた真の思いや背景 に迫ろうとする医者です。私たちの病院では、家庭医外来という外来を設置し、 患者家族の困っていることをなんとか解決しようと日々外来スタッフとともに考え 続けています。医療機関に持ち込まれるさまざまな問題への介入方法を演劇とロールプレイで楽しく学びましょう。学年は問いません。
対象; すべて


タイトル2,11 「雑談がいかに家庭医療の診療に役立っているかを知る」
講演者; 北海道家庭医療学センター 草場鉄周 先生
                     松田諭先生
                     成島仁人先生
                     榎原剛先生

内容;
このセッションは、診察中に患者さんが話してくださる雑談の有用性を実感して頂くことを目標としています。参加していただいた方には、家庭医療では、雑談が、患者さんとの信頼関係の構築や患者さんの背景にある情報を引き出すのに役立っており、家庭医の診療に必要不可欠なものであるということを感じていただけると思います。
対象; すべて


タイトル3 「理想の家庭医療の実現・研修のために~住民,行政,医療の三位一体がなぜ重要か?~」

講演者福井大学医学部地域プライマリケア講座
       高浜町国民健康保険和田診療所  井階友貴先生
       福井大学医学部地域プライマリケア講座  羽山貞宏先生
       福井県大飯郡 高浜町 副町長  日村健二 氏
       たかはま地域医療サポーターの会(事務局) 小幡真宏氏

内容;
皆さんは将来理想の医療を提供するために奮闘されることでしょう。しかし、家庭医療の主役は人、家族、地域なので、いくら良い医療を提供していても、住民が無理解であったり、行政が非協力であれば、理想の医療は実現しないことをご存知ですか?このセッションでは、全国的に住民・行政の理解・協力を得られた地域を紹介しながら、皆さんが将来それぞれの地域で家庭医療を展開するためのノウハウや、家庭医療を研修しやすい地域の見抜き方などを講義・議論します。
対象; すべて


タイトル 4 「地域コミュニティをケアする」ことってなんだろう?」
講演者北海道家庭医療学センター 中川貴史 先生
             佐藤弘太郎先生
             加藤光樹先生
             福井啓太郎先生

内容;
家庭医には医療機関などで行う診療のみならず、「地域やコミュニティをケアする」能力が求められる。しかし、具体的に「地域やコミュニティをケアする」ということをイメージすることができるでしょうか?今回初級編として家庭医が住民と協力して行う活動を共に考えてみましょう。ミニレクチャーとスモールグループディスカッションを通して学びを深めていきます。具体的な事例を提示いたしますので、グループで良い案を考えてみてください。きっと自ずと地域で家庭医療をやってみたくなることでしょう。
対象;低学年 高学年 OSCE前 OSCE後 研修医


タイトル 5 ◎×△クイズ形式老年医学講座!
講演者松前町立松前病院 木村眞司 先生
内容;
老年医学について楽しく学んでみませんか? 眠くならないよう、○×△の札を使いクイズ形式で行います! プライマリ・ケアを志向する人ならどなたにも知っておいていただきたい老年医学のイロハです。高得点者には豪華賞品が・・・。あなたをお待ちしています!
対象;すべて


タイトル6;活きた身体所見を取る方法
講演者福知山市民病院 川島篤志 先生
内容
「活きた身体所見」を取るために必要な知識やコツを「身体所見の小テスト」を用いて、双方向性に進行しながら楽しく習得していただきます。市立堺病院(2008年秋まで勤務)では3ヶ月毎に同じテストを繰り返すことにより、また指導する立場にあたることにより、2年目研修医の正答率は9割を超えています。WS終了後には、皆さまに「大変な医師」になっていることを実感していただきます。
対象;できればOSCE後~研修医、それ以上でお願いします


~夕食時ディナーセッション~「研修医の生活」
研修医の先生より、研修医の日常生活についてお話してもらいます。

~懇親会~
参加者180名以上が一同に同じ場所で座って夜1:00まで懇親会が行われます。
今後の進路、研修先などでお悩みの学生、また同じ思いを持つ医師、学生同士が語り合う重要な場所です。
夏期セミナーの一番のウリがこちらの懇親会です。
是非お楽しみにしていてください。


以上、1日目の予定でした~

まだまだ、参加者募集中です。(7/8)
皆様のご参加心よりお待ちしております。


家庭医療学夏期セミナー:http://family-s.umin.ac.jp/kasemi/index.html
申し込みはこちら:https://apollon.nta.co.jp/22familymed-jr/perl/jouhou.pl?&mode=top


スポンサーサイト